寿命について

  • 2018.10.19 Friday
  • 13:42

こんにちは 畠中です

 

言わずもがな日本の平均寿命は82.6歳で世界一。

女性の平均寿命は日本が85.99歳で世界一。2位香港85.4歳、3位フランス84.1歳と続く。

 

男性の平均寿命はアイスランドが79.4歳で世界一。2位香港79.3歳、3位日本79.19歳と続く。

 

平均寿命が最短なのは男性がシエラレオネ、女性がスワジランドで、それぞれ37歳。

 

37歳て・・・子供何歳で産んでるんでしょうか・・(・。・;

 

昆虫の寿命はかなりばらばらで、成虫になってからの寿命は短いが幼虫の期間が長いのを含めると

セミはかなり長い部類ですね。基本的なセミ(アブラゼミなど)で約7年。

左:アブラゼミ 中:クマゼミ 右:17年セミ

17年セミというのがいるのでそいつは17年!!土の中での期間が半端ない・・

目の色も赤いしなんか違う雰囲気がすごい。

 

意外だったのが、日本にいるカブトムシだとだいたい1年くらいですが、

ヘラクレスオオカブトもそれと同等。

でもコーカサスオオカブトに関しては4か月程度らしい・・!

左:ヘラクレス 右:コーカサス

 

スズメバチで働きバチ2ヵ月/女王バチ1年。

他のハチは女王蜂にかぎり6年〜8年とか・・・長い!

 

ゴキブリでメス5〜10ヵ月/オス3〜4ヵ月(※チャバネゴキブリ)

 

カマキリもだいだい1年くらいっていうのも飼っていた感覚でわかりますが

 

クモやらもだいたいの昆虫が1年くらいなんですねぇ

 

バッタは3ヶ月〜半年。

テントウムシは集団で寄り添って冬を越したりするので3年。

 

クワガタに関しては結構ばらばらで。

 

代表的なオオクワガタは最長7年。3年程度は平均的に生きる。

ヒラタクワガタ、コクワガタは3年以内くらい

写真で見るとサイズが一緒くらいに見えますが、実際は大きさといい太さといい全然違います。

コクワはせいぜい50mm位、ヒラタは国内の一般的なもので70mいくかいかないか

 

自分はこのヒラタが一番好きです。

↑スジブトヒラタクワガタ(奄美大島、徳之島あたりに生息)、スジといい色見た目的に一番好きですね

 

ダイオウオオヒラタクワガタ 

輝きといい、顎の角度が微妙に前傾になってるのが特徴。かっこいい!

 

スマトラオオヒラタクワガタ、100mmを超えるものも。顎の太さが半端ない!てことで人気。

 

ノコギリ、ミヤマクワガタは1年以内。冬は越せず。

ノコギリクワガタのサイズ別。同じ種類でこんなに違いが!

 

ルリ、オニクワガタは半年くらいらしい!

 

 

ムカデ、サソリ、クモなどは8年近く生きてるようです

 

サソリでもデザートヘアリースコーピオンというやつは25年とか・・長すぎる(^_^;)

 

寿命でいろいろ調べてたら意外と面白いです(^◇^)

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM